HONDANA 出版社専用ホームページ作成ツール

News

お知らせ

【プレスリリース】コロナ受け、出版社のECサイト・D2Cに高い関心

コロナ受け、出版社のECサイト・D2Cに高い関心

「本の価値」を直接届ける取り組みを議論、90名が参加のイベント

 

 株式会社とうこう・あいは出版社専用ホームページ作成システム「HONDANA+」のリリースを記念して、2021年6月22日(火)全国の出版関係者を対象にイベント『「本の価値」が生きるコミュニティづくり:Webを通じて読者と直接つながる!版元と読者の未来像』を開催し、会場参加者とオンライン参加者を合わせて90名が参加しました。イベントでは、クルミド出版発行人の影山知明様、白水社営業・宣伝部の小林圭司様が各社の取り組みを紹介したほか、とうこう・あいは新サービス「HONDANA+」の発表を行い、概要や開発の背景を紹介しました。【イベントアーカイブ動画はこちら

 

 クルミド出版は2012年から株式会社フェスティナレンテにより運営されており、同社は喫茶店・書店の経営も手掛けています。喫茶メニューに「読みもの」を「食べもの・飲みもの」と並列させ、短編1冊を200円~300円で販売する試みなどを通して、新たな読書体験を提供しています。影山様は、顔の見える「特定多数」を想像することが大切と話しました。

 白水社によると昨年、コロナ対策として多くの大学がオンライン授業を行ったため、教科書を購入できない学生が急増したといいます。従来、語学教科書は大学や語学教室にのみ卸していましたが、2021年3月から自社ECの運用を始め、教科書の注文がピークを迎えた4月には600件以上の注文が入りました。小林様は、1人でも多くの学生・読者に届けられたのではと考えています。 

 質疑応答ではデジタル教科書への考え方、ECサイトを通じたコミュニティの可能性が話し合われたほか、事後アンケートでは「単価の低い雑誌やムック本は送料や利益率がネックになりそう」「特定の期間だけECサイト化できないか」などの意見が寄せられました。

 

■イベント概要

日時:2021年6月22日(火)14時~15時半

場所:オンライン会議システムZoomおよびエッサム神田ホール2号館 6階中会議室2

プログラム:

  •  クルミド出版の取り組み(株式会社フェスティナレンテ代表・クルミド出版発行人 影山知明様)
  •  白水社の取り組み(株式会社白水社営業・宣伝部 小林圭司 様)
  •  HONDANA+の紹介(株式会社とうこう・あいHONDANA営業チーム課長 佐藤大樹

■「HONDANA+」について

 とうこう・あいは2021年6月から、出版社専用のホームページ作成・ECサイト管理システム
「HONDANA+」を提供します。管理画面から書誌情報を取り込み、簡単な設定をするだけで、すぐに書籍・電子書籍を販売できます。

 スタンダードプラン(月額5万円+税)とライトプラン(月額4万円+税)の2種類をご用意。スタンダードプランは「ECカート連携機能」や「JPRO連携機能」がつくほかフルカスタマイズも可能です。

お問合せは広報担当・徳永までお願いいたします。

 電話番号:070-1550-1415 メールアドレス:k_tokunaga@toko-ai.com

お問い合わせ

ご要望やご不明点などありましたら、
お気軽にお問い合わせください。
03-6264-7672

平日9:30 - 18:00
(株式会社とうこう・あい HONDANAサポート)